ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 6石トランジスタラジオ  :  スーパーラジオキット | メイン | 7MHz ダイレクトコンバージョン受信基板 12AU7 »

2023年4月29日 (土)

トランジスタ式ミニワッターPart2

2023年3月28日の再掲

 
 
 

SEPPは、CLASS_Bの回路。  本を読んで学習した人物であれば、SEPPはCLASS_ABであることを知っている。無学習なおっさんがSEPP = CLASS_A と誤称している。

仮にCLASS_Aであればプッシュプルにする必要はゼロ。CLASS_Aは能率悪いとは云われているが、著名siteから公開された数字で計算するとSEPP_OTL  AMPでの能率は10%。 偶々よくても20%。 音が良いとのものは10%に届かない。 SEPP_OTL AMP 現状を見ると CLASS_Aと能率差はない(測定誤差範囲程度)

能率面からみてCLASS_Aとの優位性を確認できるものはweb上にはない。

P1010057

P1010061

P1010063

誠文堂新光社の刊行本。

*****************************************************

この本が日本製トランジスタのseppについて深く書いている。1973年刊行。

Dsc_0011

Dsc_0016

Dsc_0014

上記、テキストはweb情報よりは豊富だ。 現代の執筆者もこれをテキストにした1970時代。

************************************************************

ここに紹介されているのは、1960年初頭の回路ですね。

>>消費電流: 無信号時=約190mA、最大出力時=約0.4A(8Ω)

>>ここに登場するトランジスタは完全に市場から姿を消しました。どこかの馬鹿野郎が2SA607/2SC960や2SA606/2SC959が音がいいなどと過剰な宣伝したために、今や法外な値がついているようです。ミニワッターPart2ではごく最近まで製造されていたトランジスタを使いましたが、使用したトランジスタのせいで音が見劣りするようなことはありません

 

表現でのクレームがきて書きなおす可能性もあるので、魚拓はここ

 
 
 
 

Q1

さて馬鹿野郎って誰のことだ????。

言葉が汚いねえ。 オイラだったら 「お馬鹿」と表現する。

 

Q2

無信号時電流値 と 実働電流値が異なるので CLASS_AB1 あるいはAB2 . 電流値からすればAB2ぽい。AB2と言い切っているweb siteも見つけた。きちんと学習している人がいることも判った。

エネルギー変換効率は20%もあるようだ。

 

Q3 

cp-1301a(JEITA)で示された計測方法とは違うことは文中から判明する。8Vx0.4Aであれば3.2W程度は終段トランジスタに掛かるね。 無信号でも1.6Wのエネルギーがかかるので放熱板計算(高校物理を学んだ人間)できる奴は呆れていると思う。 常温で1.6W印加(無信号なので1.6W)だと昇天できる。 昨今の物理ならトランジスタの表面温度も机上計算できるね。

、、と物理学上での謎も多いので先々の自作課題にしたい。

*************************************************

これは1960年公開回路。歪は0.8% ( 10W) とのこと。

Pwramp_1960

1960年の sepp回路 :2N3055

として公開済み

************

オイラの5石アンプ。音は非常に柔らかい。lm386あるいはta7368より1ランク上の音がする。 供給電圧。 信号大小で電流値が変化するCLASS_ABの動作です。2022年8月 ここに公開。パワーゲインは47dB前後。  

5.pdfをダウンロード

***********************************

3Vで100mW出力を狙ったSEPP AMP。 人気の差動入力。回路は1969年頃の古典からもってきた。 試作基板はshipping中。

基板が届いたので実装した。 ここ

差動入力にしてみたが電源電圧の壁があり、3V供給で出力12mW.  6V供給で100mW超え。

この音量。


YouTube: ディスクリートアンプ /2SA1015+2SC1815 (100mW ? )の音

下のRK-225を2ch載せたのが上の基板。

3v_sepp

3vの3石アンプではoutput 40mW程度なので石を増やして上図にしたが、差動回路は3V供給では非常に厳しい。 9石を使うにしては出力がすくなく 1石AMP出力程度になった。「3V差動入力 AMPの作例がない」理由も体験した。

**********************************************************

「歪計測の日本ルール」 と 「歪は何により生じるか? 」を学習中。 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34259313

トランジスタ式ミニワッターPart2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ