ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« ミニチュア管でつくるワイヤレスマイク :3球 | メイン | OTAのLM3080 »

2022年8月21日 (日)

5石 トランジスタアンプSEPP :  供給9V  140kHzまで平坦。

昨日は 乾電池2本(3V)で鳴る3石アンプRK-184を公開した。 出力は50mW弱なのでヘッドフォンAMPには丁度良い。

 
 
 
 
 
 

今日は5石のトランジスタアンプ: 供給9Vの動作確認をした。 アイドルは40mA前後がよいように思うが、過入力時には100mA流れる。

自作のaudio パワー計で確認すると出力は0.19Wを超える。  歪ませると0.38Wを超える。 その上の0.75Wも薄く点灯する。

中華製LCDテスターでは生成電圧が読めずに0.00V。内部抵抗が高すぎてエネルギーが消えて(吸い込まれる)しまうぽい。 某SITEには読めるようなことが書かれていたが 実際には違った。自作audioパワー計は役にたつ。


YouTube: 5 transistors amp : sepp 9v . 250mW power

単球ラジオのVRから信号を貰ってならした。 0.19W?の音はこの音量だ。部屋で聴くにはおつりが来る音量。

入力上限は60mVにした。 パワーゲインは47dB前後。

***********************************

高域は140kHz近傍まで平坦。NFBは掛けてある。

低域はCに左右されるが結合C100uFで200Hz近傍から垂れる。

半導体モノにおいて、オイラはNFBでは発振モードに入ったことはない。 正帰還(positive feed back)はラジオでよく使う技術である、再生式と呼ばれ受信時の感度upに貢献するテクニック。

Rk17804

Rk17806

通算439作目 RK-178

Ans01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34251854

5石 トランジスタアンプSEPP :  供給9V  140kHzまで平坦。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ