Powered by Six Apart

« TS-520 マーカー回路。 | メイン | 手軽に短波を聴けるラジオ自作基板。 LA1260使用。 »

2020年9月19日 (土)

磁束もれのブーンを聴きたいようだ。

わざわざと出力トランスを 電源トランス近傍に配置してある。

つまり磁束もれをpick upしたいわけですね。

Ng10

そこまでして磁束もれをpick upしたいのかなあ??

頭がクラクラする。

・audio用電源トランスは、磁束もれ対策の銅バンドが見えるのが多い。アマチュア無線での電源トランスも銅バンドで漏れを低減する工夫がなされているのが主流。

***********************************************

以前にも書いたが、ラジオ工作派は総じてaudio愛好派より知識がないのが判る。

技術upに貢献していただきたいね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34216570

磁束もれのブーンを聴きたいようだ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ