Powered by Six Apart

« 磁束もれのブーンを聴きたいようだ。 | メイン | プリント基板でつくる 「12AU7 トランスミッター」 »

2020年9月19日 (土)

手軽に短波を聴けるラジオ自作基板。 LA1260使用。

RK-81(LA1260)にBFOを追加して SSB/AM受信できる基板を興した。

高周波増幅はつけていない。単に「RK-81 プラス BFO」。

フィルターはサトー電気に並んでいるSFU455の2連.

Rk1051

*****************************************************

感度にはタマゲタ。 このSSG値 7dBuV(2.24μV)で (S+N)/N=10dBになった。

名キット:SR-7 より感度がでてしまった。 出来すぎだ。

Rk1056

・LA1600に高周波増幅1段つけた基板:RK-54では SSG値 15dBuV(6μV)で (S+N)/N=10dBだ。 つまり RF1段+LA1600 よりも感度が優れている。 昨年と同じ環境ではないが、 ICデータで LA1260 >> LA1600 だが、現実に感度良い。

*********************************************************************

Rk1055

*******************************************************************

BFOはサトー電気にもあるCRB455にしてみた。頑張っても上限は456.8だった。

Rk1054

*******************************************************************

お手軽に短波を聴けるラジオ基板になった。

通算363作目。

基板ナンバーRK-105.


YouTube: ta7642 :自作ラジオ


YouTube: TA7642自作ラジオ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34216596

手軽に短波を聴けるラジオ自作基板。 LA1260使用。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ