Powered by Six Apart

« 自作:ミニチュア真空管ラジオ | メイン | JH1FCZ ポケトラより60平方ミリメートルほど大きい。 »

2020年9月13日 (日)

FT-101Zシリーズ

確認してみた。FT-101Zシリーズ前期の後半モデルになる。

AF-VRのカーボンが妖しい。

A3ユニットを入れられるが、40年前の記憶なもんだから回路図を眺めて思い出そう。

P1010020

・ダミーをアンテナ端につないだらA3が聴こえてきたが、 KW出力局が近所にあるようだ。 この界隈は中波ラジオ放送局へジャストインするんで人家のある処じゃ、3.5MHz、7MHzはkw認可取れないんだが、、不思議。

********************************************************************

・大町で有名なコンテスターがいるが、 自作農地を住宅転用してからブイブイ言わせている。まあ農地なんでタワーで建造物認可得るには、転倒防止には杭打ちする必要がある地盤だろうと想う

・下水道はあのラインは通っていない記憶。水道も幹線から遠いので引き込みにゼニを突っ込んだと想う。

********************************************************************

この土地は田舎すぎて水道が、、、な訳で、 井戸の世話になっている。  乾麺蕎麦を湯であげて食したらべらぼうに美味い。 「酒も蕎麦も最後は水の味」と云うのを体験中。

消毒用塩素を流下させた水道水じゃ、食の味は出ない。 井戸水の蕎麦屋はもう無いんじゃ??

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34216238

FT-101Zシリーズを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ