ラジオ系情報

多種類リンク

Powered by Six Apart

« 太陽光発電は非常に質の悪い電力だ。 こんな制御方式をよく認可したものだ。 | メイン | psnのrf スピーチプロセッサー »

2020年8月18日 (火)

太陽光発電起因ノイズの除去考。

**********************************************

昨日の記事のように、パワコンスイッチング周波数起因ノイズがガンガンと計測できる。

下写真のようにヒゲが診れる。

toneが400hzで11発ほど診れるので4.3khz前後だと目視確認できる。  業界としてはこのまま4.3khzで推し進めることもオイラは聴いている。

065

************************************************

暫定で40dBトラップを穴明き基板にのせて、LA1600のあとに接続してみた。

066

パワコン起因ノイズは随分と判らなくなった。

相手が50KWなので減衰量40dBじゃ不足。

************************************************************

SSGを弱めてみた。

このノイズ周波数はスイッチング周波数の1/2ででてくる奴だ。毎回あるわけでないのでどれか特定のパワコンがランダムに出す可能性もある。

067

*******************************************************

Nコネを外してみた。

VTVMは1mVレンジなので0.03mV程度は内部でノイズ拾っている。

068

*************************************************************

まとめ。

・信号ラインへTRAPを入れるだけで対応できそうだ。

・TRAPは4.3kHzと その1/2の2種類必要。

⇒ 実際には4.3kHz trapをシリーズにすれば1/2Freqで同調するので、別途1/2freq用を製作する必要はない。段重ねするとシュミレーションソフトは役立たないことはここで公開済み。

************************************************************************

減衰量100dBの机上計算ではこうなった。

このソフトは現実と乖離していることが多い。特にこのソフトでのnull点は信用できない。

「ざわざわsite」で演算したものが現実に近いのでお勧め。

43trap

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34214612

太陽光発電起因ノイズの除去考。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ