Powered by Six Apart

« 通信型ラジオ:バンドスプレッド付 | メイン | 「安倍による 自国民虐殺戦略が発動中」について »

2020年7月12日 (日)

水晶振動子 :レーザー刻印の 文字認識装置を設計する。。

片付け中に、2000年の資料が出てきた。

特許性もないので、さらっとあげておく。

HCタイプの水晶振動子の刻印確認マシーンになる。 画像検査機とも呼ばれ、matroxボードがブンブン言わせていたあとの世代になる。

001

 レーザーマーカー全盛期に突入していた。 

90年代後半はインクジェットマーカーが主流で、98年ころからレーザーマーカーに変っていった頃だ。

それ以前はタンポ印刷機の時代になる。

プリント基板は まだまだタンポ印刷。

002

003

これは NDK向けの装置。

*****************************************************

SONY って会社が 「プレステ搭載のICでは、 出荷前のテーピング状態のままのを、検品して納入しろ」って下請けに通達したのが2002年冬。 下請けの東芝は慌てたね。

テーピングからICを取り出して検査し再テーピング装置を四日市工場にいれたのが2003年。

「SONY はアホだ」、わざわざ東芝を苛めると理解したのも2003年。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34212251

水晶振動子 :レーザー刻印の 文字認識装置を設計する。。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ