ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 毎年約1,900人が結核で亡くなっています。 | メイン | FM真空管チューナUT 放出 ,ゲルマニウムトランジスタラジオ STK-601。ラジオの製作 »

2020年6月12日 (金)

残留ノイズはaudio並の0.3mV。IF2段GT管自作ラジオ。 マジックアイ付き。(再掲)

2016年10月 2日 (日)の再掲 :自作GT管ラジオの記事。

**********************************************************

日本国内での打合せでは、ほぼ100%打合せ議事録を打合せ中につくり、打合せの最後に発注側と受注側で、確認のためにそれに手書きサインして、打合せ終了になる。

この議事録を隠すのは勝手だが、公表できない理由が東京都の発注担当側にあることを示している。

往時の毒ガス製造の土地を搬入したようで、そりゃ色んな成分がでてくるのは全く自然なこと。オツムが悪くないなら、こんなことすぐに理解できる。隣国のことを笑っていられないね。日本も同レベル。

**************************************

昨日の続きです。

通電した。

マジックアイはいつもの6E2. そこそこ閉じる。

局発+IF段+IF段+検波+AF段+AF段の構成になり、IF2段だが低ノイズが目玉だ。球が動作することによる増幅度としては80dBは超える。

005

下の写真は開時。

006

***********************************************************************

・VRを絞ってのSP端でのVTVM値。1mVレンジで計測してこの指針位置だから0.3mV. 3mVレンジで計測して0.3mVと自慢したsiteもあるが、1mVレンジで測定してみれば数値が悪化するので、「わざわざ3mVレンジで計測して誤魔化す」のがばれているね。

・80dBアンプがどの程度の残留ノイズになるのかは不知だが、オイラのラジオ自作品はこの程度のノイズ高さ。

「ラジオ球式のaudio並に残留ノイズ」と想ってokだろう。この数字を公開できるラジオ工作派/修理派はほぼゼロ。大概は「①造りました②鳴りました。」と誤魔化して終了だね。  「yahooの修理済み品でvtvm測定器写るが数値公開ない修理者」も現存している。

部品配置と配線ルートが良ければ低い(小さい)残留ノイズになる。繰り替えすがac6.3vはシャーシーに流れている。

部品さえ良ければと思うのは、正しくない。部品性能の差ではない。オイラは安価な部品で構成している。オイラの真似をすればIF2段で0.3mv前後の残留ノイズラジオが自作できる。IFが1段ならば0.1mV前後の残留ノイズラジオになる。 「ラジオ 実装の肝」で検索。

 

009

audioではヒーターは接地しないが、スーパーラジオでは必ず接地する。 ブーン音的にはラジオの方がかなり不利だ。

8cm程度のSPではよい音で出てこない。10cmでまあまあ。

16cmでようやく音らしい音になる。可能なら2way sp boxにつなぐことを推奨する。

******************************

スーパーラジオでは必ずヒーター接地する。その理由は、古書にある。webでも見れるので、一読をお薦めする。

VRを絞ってのVTVM値は、家電メーカー製では一桁大きい。ハム音の対策は過去記事参照

通算199作目。


YouTube: 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ。


YouTube: 自作6球スーパラジオ。 6BY6,6BD6,6BD6,6AL5,6688,6AQ5

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34208971

残留ノイズはaudio並の0.3mV。IF2段GT管自作ラジオ。 マジックアイ付き。(再掲)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ