Powered by Six Apart

« pwmで中波ワイヤレスマイク実験基板。 | メイン | トランジスタ検波とダイオード検波では、どちらが低歪か? »

2019年12月 6日 (金)

pwmでの中波ワイヤレスマイク実験基板。定数確定した。タイマーIC 555使用。

AM変調の基礎。

・直結型変調は 泉 弘志先生の回路公開(2SB トランジスタ)から遅れること5年あまりのちに、JH1FCZ氏が「変調トランスレス変調」とネーミングしていた。 エネルギー供給を強弱することにより変調が掛かる方式だ。 この直結型回路が公知されて50年経過したいま「アナログ直列変調」と身勝手なネーミングしている輩がいるらしいが、それはエンジニア界での背乗り行為になる。世間が忘れた頃に狙い撃ちしてきたフシがある。 まあね、背乗りがお得意な方々も居るからね。

・オイラ的には、直結型 あるいは トランスレス変調と呼んでいる。先達の思いに対しての返礼でもある。

*****************

実験中のPWMワイヤレスマイクの続です。

①555に9Vを掛けるように変更した。

Pwmtx01

・MIC-AMP部は2.3V程度の出力は歪まずにでる。

・555への信号電圧はVTVM読みで2.1V前後が上限。これ以上は波形がクリップする。 ⇒ MIC-AMP出力は2.3V程度でも足りることも判った。

・過変調だと受信周波数幅が広がることも判った。 ⇒ 初回基板はMIC-AMP出力が0.15Vなので過変調までは至らない。昨日のこの動画はMIC-AMPで歪んだ変調状態。

Pwmtx03

MIC-AMPで歪まないように, MIC-VRを合わせてみた。

 


YouTube: PWM変調の中波ワイヤレスマイク:タイマー 555 ①


YouTube: PWM変調の中波ワイヤレスマイク:タイマー 555②

この程度聞こえてくれば 「easy pwm」としては上出来だろう。

Pwmtx06

Pwmtx08

Pwmtx07

***********************

◇基板ナンバーは、PK-68v2です。 

・初回基板は領布中。基板側入力は1系統にしてありますので、RCAジャックにCを半田付けして基板まで結線ください。

・「タイマーic 555で こんなこともできる」の1例です。

・1MHzで作動する555を用意願います。555へのaf信号が2v超えますと ラジオからの音がパリパリ云うので、入力過多が判ります。スマホVRは4部前後でお願いします。それを超えるとmic-amp初段で歪ます。

Photo

上記modulation inputがデータシートだともう少し入れられる。

Ans01

*************************************

真空管ワイヤレスマイクは、ここ

002

Iimg600x4501544823033t1kdmb56168

 


YouTube: 「レフレックス+再生」式 単球ラジオ。


YouTube: 同期検波(自作ラジオ)でnhkを聴く


YouTube: レフレックスラジオ 2sc1815+ta7368

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34197435

pwmでの中波ワイヤレスマイク実験基板。定数確定した。タイマーIC 555使用。を参照しているブログ:

コメント

この基板は従来のワイヤレスマイクとは電波生成手順が違うの興味あります。在庫ありますか?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ