ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« pwmでの中波ワイヤレスマイク実験基板。定数確定した。タイマーIC 555使用。 | メイン | AGCモードにならない弱信号時に、ゲイン過多でビート音するIC群。 »

2019年12月 7日 (土)

トランジスタ検波とダイオード検波では、どちらが低歪か?

************************

・ラジオICには検波回路が内蔵されていることが多い。 TDA1083(日本名 TA7613)では少なくとも検波部6dBのゲインがあることを確認している。

・トランジスタラジオの初号機の検波にはダイオードが使われている。

・その後、歪率の低減と AGCレンジの拡大を狙っていったら、トランジスタ検波に至ったことが日立製作所からの資料で分かる。電気畑の日立OBならば知っているだろう基本だ。

・その辺りについては、電気エンジニアからの執筆を読めばよい。意外なことにかなりWEBでヒットする。

・RPCからのラジオキットはトランジスタ検波が多いので、開発当時は熟慮されていたと思う。

・ダイオード検波の歪が気になりだしたら、トランジスタ検波での自作に進むのが正しいだろう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34197497

トランジスタ検波とダイオード検波では、どちらが低歪か?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ