Powered by Six Apart

« PWM電波を真空管ラジオで聴く。 | メイン | RF式スピーチプロセッサ: レイアウト »

2019年11月14日 (木)

「組み込み用5桁ラジオ周波数表示」M54821

M54821の電流制限抵抗について

********************************

LNA搭載により感度が「JH4ABZ式周波数カウンター」と同じになり、真空管ラジオに実装できる直前まで来れた。

ラジオの組み込み用として、ノイズ源に為らないことが必要条件である。LEDに流れる電流がゼロだとノイズ源にならないことがM54821Pでは確認されている。

電流制限抵抗を470オームにすると随分とノイズが弱くなるが、暗くなる。

今日は、この塩梅を確認した。

左が47オームにしたもの。

右が470オームのもの。

左くらいの明るさでよいと想う。電波ノイズは強くなったが3.5MHzまでは上がってこないので、HAM BAND専用にしたい。

054

046

、、とプロトタイプで動作点を決めれた。      

プロトタイプでの実験希望者には既に基板を送付済みだ。 47オームでお願いします。              

*******************************

012

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34195760

「組み込み用5桁ラジオ周波数表示」M54821を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ