Powered by Six Apart

« AM変調:MC1496は12Vで作動します。(負電源は不要: 1973年 刊行書に図有) | メイン | 半田工作キット。  マイクコンプレッサー(アナログデバイス SSM2166)  領布中。 »

2019年9月 8日 (日)

phoneの混信除去にオーディオ バンド パスフィルター。RK-64

*******************

ラジオのfilterで入手の良いものはW55H.(中心周波数±3kc ).

帯域幅がAM放送用ゆえに、amature radio用にはやや広い。

AF帯域のHPF+LPF を1つの基板にした。所謂BPFになる。

LPFは性能のMAX295.(OP-AMP でLPF造るよりも特性が良い) :8次ローパスフィルタだ。

サイズ

Bpf02

実装してみた。 SPで鳴らすだろうからTA7368を載せた。 

TA7368を使わない場合もあるだうから、それ用のOUT端子もある。

Bpf01_2

Bpf03

③ フラットな周波数。

Bpf04

3dB下がる周波数は250Hz. ⇒ 好みで変更願います。

Bpf05

3dB下がる周波数は2.7KHz. ⇒ 好みで変更願います。

Bpf07

 4kHzでは18dB下がってます。

Bpf06

 

*まとめ。

・MAX295はバリキャップで周波数可変できる回路にしてある。バリコンで変化させても良い。その辺りはデータシートに記載がある。コーナー周波数は2.3KHzあたりが良いだろう。

・前作では肩のアバレがあったが今回は少ない。

・MAX295は市場流通デバイスの中で最も優れたLPFになる製品。これを超えるものは現瞬間は無い。

・通算301作例。 基板ナンバーRK-64.

97

上のが特性図。データでは2f点では50dBほど減衰する。op-ampではここまでは減衰できない。

前作での特性

***********************************

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34190026

phoneの混信除去にオーディオ バンド パスフィルター。RK-64を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ