Powered by Six Apart

« ソースカツ丼 青い塔。砂防学会。 | メイン | フォアーランド、イスペット、aitendo等からの半導体のキット。 »

2019年9月11日 (水)

「dbmによるAM変調。加算動作も乗算動作も出来ます」。動画

2018年2月25日の再掲。

・dbmでも加算動作が出来る。トランジスタの負荷抵抗値に依存して加算または乗算動作もする。(どちらを選ぶかは 負荷次第のようだ)

・理論書等のdbm作動の説明式には負荷抵抗値の範囲規定がない。式では説明できない挙動がある。波形が秀逸なmc1496を使った。

・dbmでは負荷具合で

1,乗算で作動する場合。

2,加算で作動する場合。 の2通りがある。(オシロによる確認動画参照) ⇒ 理論書には 記載が欠落している。

******************************

MC1496で VR可変して 波形変化を見た。(左側がdbmからの出力波形、右側は入力波形af)

MC1496を使った作動例では紹介されていない挙動を動画UPした。


YouTube: AM変調項2。 「MC1496での加算動作?? 乗算動作??」

「MC1496を使ったAMトランスミッター」での作動確認中である。

所謂、「乗算回路による波形」と「加算回路による波形」の2つともVR位置によって計測できる。

、、と上記内容を受けて可変抵抗の方が好ましい処は、VR化した。

「加算モード」⇒「乗算モード」になると出力が1/10程度に減る。不思議だねえ。

入力(右側)は一定にも関わらず、負荷VR開閉に伴い、形と出力(左側)のレンジ切り替えが必要なほど生成物が変化する。形は乗算による生成物と加算による生成物の2通りになる。

出力波形も変わることが動画で確認できる。入力一定時に 負荷具合で出力が変化する式は乗算回路系はないようだ。

幾多の本をみても、まあAM変調は、乗算回路で生成されるらしい。それでは加算モードで生成されたモノは何と呼ぶのか? 動画中の加算モード波形を何と呼ぶか?

089

シュミレーションソフトでは、この作動再現は出来る? or 出来ない?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34190249

「dbmによるAM変調。加算動作も乗算動作も出来ます」。動画を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ