Powered by Six Apart

« 一億総中流社会= 一億総格差社会: 平均値は同じ | メイン | 長野警察署長 obとお会いした。 »

2019年8月 6日 (火)

ta7613 type Ⅱ。

allpcbからの基板に実装してみた。

011

波形ではRFが漏れてくる?。或いはIFTの巻方向が変ったか??

ゲイン過多による発振ではないようだ。 

010

・どうも検波後のLPFを入忘れている。 Rが抜けていた。

この時は負荷にsfu455を使いミスマッチさせ、ta7320が釣り下がっていてほどほどの負荷だったので発振しなかったようだ。filterをw55hにしたので随分とマッチングは良くなったうえに、プロダクト負荷をつないでない状態では非常に軽微な発振中だ。⇒全部品をつけてから再考したい。

・spからの音がやはり小さ目でVR6部あたりで聴くことになる。 オイラ的にはVR3部で聴きたいがこのままか、、

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34187533

ta7613 type Ⅱ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ