Powered by Six Apart

« 降雨で増水を考える。 | メイン | ネクストエナジー アンド リソース が 東京ガス傘下に。 »

2019年7月 2日 (火)

ラジオ放送: 中波のラジオ放送停波への現実

**********************

FM長野の役員がオイラの処に顔を出した。 オイラと同じ高校出だ。

 その時に 中波の免許局の話になった。「業界としては中波は停波になる」。みなFM帯に移行になるのは事実だそうだ。 

 通信機器のメンテナンスにお金が掛かるそうで、「設備投資し続ける産業」だそうだ。電波法でのスプリアス等の規制が増え追加設備に追われるそうだ。アナログ設備⇒デジタル設備化に伴い、コマーシャル音源はデータバンク登録している。当然、送信予備機も中継予備も必要。売り上げの大半は、通信機器メーカー向けに消えていくそうだ。

「放送局内で、リミッターでのフォルマントをどう扱っているか?」は放送局ごとに異なる。、、「教えられない」とのことだった。

・プロユースの制限増幅器を製作する予定は、オイラには全く無い。プロユース品は回路図が多数見つかるが、ノウハウは不明だ。オイラなりのmic-comp作ろうと思う。

中波が放送停止になると、真空管ラジオの出番はぐっと減る。AMワイヤレスマイク、AMトランスミッターの出番が増えるだろう。

**************


YouTube: NE612 AM transmitter

612tx18

オイラは田舎のFA機械設計屋です。

007_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34183676

ラジオ放送: 中波のラジオ放送停波への現実を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ