Powered by Six Apart

« LM3080。mic-comp. | メイン | TCA440レシーバー基板は アイテックSR-7同様にbfo注入してみる。 »

2019年6月16日 (日)

TCA440でSSG信号受けてみた。

*******************

①自励OSCできたので、新しくプロト基板を興した。

021

7番ピンの波形。SSGでとてもつよく入れてこの波形。

LA1600等ではIF最終段の波形が見れないので、ずっと確認したかった波形が見れた。

022

7番ピン出力をダイオード検波。 AF段は使わずに検波のみの波形。

7番ピン⇒IFT⇒IFT2次 だとロス大にて波形がまともに取れなかった。推奨回通りがよいことが判った。SSB受信時に「7番ピン⇒トランス」の回路があるが、「そこそこロスるが、、 どうしようか?」と悩む。

023

SSG=20dBu時の7番ピン波形。

024

まとめ。

製造メーカー推奨の回路がロス小で良い。 SSB用プロダクト検波をリング復調で行なうなら、「AM⇔SSBのゲイン補正が必要」。

IFTの2次側経由でプロダクト検波を何回か行なってきたが、「IC内蔵のAM検波との損失差が多くて??。SSB受信時はAF部でゲイン補正」と対応してきた。 今回は外部でのAM検波なので, 損失差補正のゲインは判り易い。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34182132

TCA440でSSG信号受けてみた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ