Powered by Six Apart

« 機械設計屋のオイラからみての穿孔考。  | メイン | 「ラジオ少年キット KIT-16SP」をスーパー化の場合。 »

2019年6月15日 (土)

中島オールの解散・閉鎖に思う。

長野県坂城町の中島オールが閉鎖になる。 会社ホームページは落ちていた。 過去ここに紹介されている。

・昭和58年頃には中島オールが売上高約405億円、中島オールプリシジョンが売上高約397億円をあげるまで事業を拡大。 グループで800億円の売り上げがありJRC長野より大きい金額だった記憶。

オイラが訪れた30年前も鼻息は荒く400ほどの数字はあった。

まあ、進み方を間違えた例になるだろう。 売り上げの2%を基礎研究・開発に向けていたならば違うことが出来たろうと思う。

機械設計屋のオイラからみて、ものつくりのクォンタム ジャンプを理解し投資できる経営陣は少数だ。

長野日本無線、新光電気、中島オール、アビック山田、オリオン機械、nissin,シナノケンシ、ミノルタ、リコーエレメックス、オリンパス、ルビコン、エプソン、テセック、KOA,ニチコン、東芝、セキスイ、富士電機、中部電力、東京電力等であればおおよその社風は判る。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34182052

中島オールの解散・閉鎖に思う。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ