Powered by Six Apart

« 50MHz AM受信機基板(ダブルスーパー) 。感度良好。TDA1072. | メイン | 中波帯でも感度抜群のTDA1072ラジオ基板。 自作向けで 領布。Sメーターの確認。 »

2019年6月 4日 (火)

自作のマイクコンプレッサー基板、回路。 第5弾。AN829

*******************

SSM2166,TA2011,NJM2783,SL6270に続く第5弾。

スピーチプロセッサーは1機種ある。

◇◇

本基板が届いたので実装し通電した。

1.5mV信号で COMPが掛かりだすようにした。

これはMJM2783等と同じ設定。

015

016

20dB信号が増えても出力変らず。

所謂COMP状態になる。

ここまでマイクロフォンからの出力は無いので、COMPスタートはもう少し早くてもよい。

017

013

上側: 入力波形

下側: 出力波形

018

多少鈍る。0.03msほど鈍る。AN829の13番ピンコントロールにコンデンサーが吊り下がっているからだろう。

明日はSNの確認。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34181048

自作のマイクコンプレッサー基板、回路。 第5弾。AN829を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ