Powered by Six Apart

« ラジオカウンター  「受信機の発振回路部に影響が出ないように信号(電波)を貰う」 | メイン | 自作のマイクコンプレッサー基板、回路。 第5弾。AN829 »

2019年6月 4日 (火)

50MHz AM受信機基板(ダブルスーパー) 。感度良好。TDA1072.

Baba_fumika70

Baba_fumika65

*************************

AM受信機基板をダブルスーパーにて興してみた。

50MHz  とエアバンドでのAM受信専用。

色々と触っていたら感度はこの程度になった。 (S+N)/N=10dBになるSSG値は14.0とかつて無く弱い信号が聴こえた。 TDA1072で50MHz受信させた場合よりも、SNが良いことが波形からも判る。

単位はdBμなので、開放端での値だった記憶だ。 実負荷をSSG端とインピーダンス整合させる道具を持っていないので、真の感度は不明だがこの1/2とか1/4の値でダブルスーパー基板に信号印加されていると想う。

Sper03

Sper01

①基板

②TDA1072

③NE612

④455kHz セラミックフィルター(村田) :W55H。   w55h.pdfをダウンロード

の4点を1SETにて Yahooにて 領布中。  

W55Hは、「 6dB幅が 455 ±3kHz 」とAM通信専用 ラジオ放送専用であればW55Fあたりがお薦め。

036_2

040

Sper06

1st OSCは手持ちのcrystal都合で決定のこと。トランジスタには2SC1906を推奨。 

Sper05

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34180977

50MHz AM受信機基板(ダブルスーパー) 。感度良好。TDA1072.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ