Powered by Six Apart

« 50MHz AM トランシーバーの送信波形。 これで小型trx基板の動作確認できました。 | メイン | 製造業がほぼ瀕死状態だ »

2019年6月23日 (日)

中波を自作la1600ラジオで聴く。


YouTube: LA1600 nini radio with lm386

*********************

上の動画は中波(nhk)を受信したものだ。

「本基板 RK-33」を入手した方への連絡です。

回路図/レイアウト図が示すように OSCコイル/ANT コイルにはFCZコイルが使える。 FCZの7MHzコイルを載せ、バーアンテナで受信した。

La160027

まずまず聴こえてくる。 受信バンド幅からLCを決める手法は ここでも紹介されている。恐らくは現日本では一番詳しい。

La160028

RK-33は短波も対応しています。LA1600の感度特性表が公開されているので、受信バンド上限は有限である。 回路図は公開済み。

****************************

BFO付の短波専用LA1600 レシーバー (am と ssb対応)は、

①RK-12 :  (BFO オンボード, 高周波増幅あり)

回路図付属で出品中。

003

005

*************************

②RK-49 :ミニサイズ(BFOオンボード、高周波増幅なし)

回路図付属で出品中。

La1600b001

La1600b006

Ans01

***************

中波放送を聞くのであれば、ICが高性能の「TDA1072使用のRK-34」をお薦めする。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34182830

中波を自作la1600ラジオで聴く。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ