Powered by Six Apart

« ラジオのif 455kc調整用です。455kcマーカー。 | メイン | 中波を自作la1600ラジオで聴く。 »

2019年6月21日 (金)

50MHz AM トランシーバーの送信波形。 これで小型trx基板の動作確認できました。

*********************

受信感度がシングルスーパーを超える超再生式検波のtrx基板。

50MHz AM波形。

50MHzキャリアをDBMに入れた。0.3V近傍が注入上限だった。DSBほどは入れられなかった。

過去のCA3028やSN16913等は、もしかしたらAM時は注入量を随分と下げたら結果が違う可能性がでてきた。

Amtrx02

Amtrx04

これでAMの小型TRX基板はまとまった。 

受信側の調整には測定器必須。

*****************

試しに22PF X2 を裏面につけて「28MHzでどうなのか?」を確認した。

Amtrx0110

◇聴こえてきた。ssg=40dBuVが聴こえる。

c51が50MHz発振用に22pfになっているが聴こえてきた。c51は28MHzでは33pf近傍になるとは想う。

28MHz用手巻きコイルは15回だろうと想う。Hi-Lの方が感度よいので巻き数は多めに、、。

50MHz用は10~11回巻き。 記事中のは10回巻き。

Amtrx0111

***********

通算293作目。 基板ナンバーはRK-58. finalには30mA流れた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34182708

50MHz AM トランシーバーの送信波形。 これで小型trx基板の動作確認できました。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ