Powered by Six Apart

« Drone(ドローン) ⇔ Quadcopterですね。中身はmicrochip製らしいぞ。 | メイン | ワイドFM(FM 補完放送)は90.0~94.9MHz »

2019年5月19日 (日)

QRP-TX基板(RK-52)と ダイレクトコンバージョン受信機のトランシーブ作動。

1Wほど入力できるQRP-TX基板(RK-52)と ダイレクトコンバージョン受信機のトランシーブ作動について。 (DSBでのTRX化)

***********

改造は不要だが使わない部品が下表のように発生する。

044

受信側の局発は、送信側基板からそのまま持ってくる。注入量は1V目安だが、0.5V~3VであればOKなので抵抗を経由せずに、適正な結合コンデンサー経由(1000PF 等)で受信側へOSC信号を供給。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34179319

QRP-TX基板(RK-52)と ダイレクトコンバージョン受信機のトランシーブ作動。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ