Powered by Six Apart

« big hand syndrome" (because the car acts like there's a big hand pushing you back) | メイン | 「IC+TRラジオキット KIT-16SP」をスーパー化の場合。RK-33 »

2019年5月18日 (土)

「HF QRP-TX基板にどの位の電流を流せるのか?」を確認中。⇒12V x 80mA流せた。

*******************

「QRP TX基板にどの位の電流を流せるのか?」を確認中・

1,電源からは14V供給。0.2A程度流れている。

基板には7812が載っている。

039

2,

エミッター抵抗は22オーム。 そこに1.95Vほど掛かる。電流は80mA程度になる。

12V x80mA ≒1Wになる。およそ1W位は入力できる。

基板の抵抗は1/6Wタイプ。煙も出ずに平常運転。

040

3、

不得意な50MHzでの入力およそ1W時の波形。

041

*********************

SN16913が不得意な50MHzで確認。 final M28Sのエミッター抵抗の電圧から、オームの法則に沿って算出。

038 3.5MHz~28MHzのQRP TXとして遊べる程度の入力はある。 AM/DSBの2MODE.

◇◇

044_2

VHF帯のTX基板(試作)は、到着済み。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34179295

「HF QRP-TX基板にどの位の電流を流せるのか?」を確認中。⇒12V x 80mA流せた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ