Powered by Six Apart

« スピーチプロセッサー 基板の作動確認中。 | メイン | ダイレクトコンバージョン受信機。(diode x 4) »

2019年3月10日 (日)

スピーチプロセッサー 基板の作動確認中。メーター付けた。FDNRフィルター。

**********************

理論値を算出したFDNRフィルターの計算値でRを載せた。

キレはよくなった。 

017

メーターもOK。 出力波形の登頂部の「繋ぎ」は、入力周波数に応じて山の左、或いは右に移動する。

LPF周波数より低い周波数を入れると山の左にでる。LPF周波数より高い信号だと山の右に出る。計算とズバリ合う固定抵抗がないので、このような結果になった。 

018

作動確認できた。 真空管ラジオの外部入力にいれて聴き比べてみる。


YouTube: スピーチプロセッサー 基板の作動確認中。

音楽を入れて確認するとクリッパー量はMAXで8dBほどまでだ。

3dB程度のクリッピングが音が良い。 それ以上だと低域の歪が聞きとれる。業務用と同様に帯域を分ければもっと掛けれるとは思う。業務用では、発生確率が数パーセントであるピークをカットする目的に用いられ、後段に制限増幅ユニット(メインunit)が来る。さような導入部ユニットの位置付けでしかないクリッパーに過度の期待は無理だ。

アマチュア/無線機メーカーがクリッパー方式でつくるならば、やはりRF式だと思う。

OPアンプのゲインは50dBほどで決定した。

fdnrフィルターの挙動も体験したので、目的には達した。max295ほどはキレないが、ダイレクトコンバージョンに採用できることも分かった。

**************************

通算283作例。基板ナンバーRK-48.

回路はアクティブクリッパーである。海外で紹介されて日本に入ってきた技術回路だ。72年にはオイラも知っていた回路である。cytecさんも同じアクティブクリッパー回路になっている。cytecさんとの違いは、初段にFETを使い音質に考慮したこと。フィルターはFDNRにしてLPF特性が向上していること。それにメーター回路だ。

「マイクコンプレッサー」と呼称する人も居るが、それは間違い。COMP(圧縮)の動作はしない。クリッパー方式においては、信号制御は皆無な回路だ。 単にピークをダイオードでクリップさせた単純回路。

可聴域でクリップさせると、高次歪が可聴域におちるので音がすっきりしない結果になる。歪んだ音になる回路だ。

通信で明瞭度を上げるには、COMPものが良い。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34172180

スピーチプロセッサー 基板の作動確認中。メーター付けた。FDNRフィルター。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ