Powered by Six Apart

« きょうのニュース。 | メイン | 水晶振動子 100khz。音叉型。 »

2019年1月13日 (日)

「 SN16913 + LM386 」のTRX基板。

***********************

ハンドトーキ基板(RK-36)が「NE612 + LM386」なので、DBM デバイスをSN16913にして 「SN16913 + LM386」で ボボボ音の確認した。

030

4700uF を2個使うとまあまあ落ち着いてくるが、ボボボと来る。 6800uF x3 程度は必要だ。

ne612の方が随分良い。 この試作基板は捨てる。

LM386は上流デバイスとの相性のようなものがあるらしいことも今回判った。低周波発振し易いICなことはデータシート通りだ。

「LA1600+LM386」では良好に作動している。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34165905

「 SN16913 + LM386 」のTRX基板。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ