Powered by Six Apart

« ラジオもの進捗 | メイン | ダブルスーパー。VHF向け。 »

2019年1月24日 (木)

50MHz 超再生。osc作動中。

*****************

先日の超再生式AM トランシーバー基板の続。

コイルを線径0.6mmにして巻いてみた。

一応50MHz帯でOSCしてくる。同調用Cを追加しても発振停止には成らず。

この位の空芯が必要らしい。径を小さくするとQが低下してOSCしない方向になる。その辺りのノウハウは過去雑誌に多数記載あり。読む読まないは己の勝手為り。

058

059

上記を受けてコイルはこのような配置だろう、。もともとはFCZ コイルでトライしたがOSC不発にて、FCZ ⇒ 空芯コイル化 に至っている。

FCZ#067はデバイスに2SK19(192)を使っておる。 オイラのとは回路も違う。FETならばFCZコイルで行ける可能性が高い。 コイルQが感度直結するので、Q良いものを使いたいと思うには常だろう。JH1FCZ氏推奨の「クエンチングノイズ低減回路」もオンボードだ。

同調用CはQが低いとNGである。 近年流行のエポキシモールド品あるいは1KV等の高圧セラがQ高にて具合良い。

057

AM トランシーバー基板も進行中。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34167261

50MHz 超再生。osc作動中。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ