Powered by Six Apart

« リアクタンス管に電池管 3A5を使います。 | メイン | SANYO のAM チューナーIC LA1135を使ったラジオ基板を通電した。プロダクト検波。 »

2018年11月 9日 (金)

SANYO のAM チューナーIC LA1135を使ったラジオ基板を通電した。

1527165358100thumb520xauto4656

上のように、タコ部屋みたいな労働で外国人を使っている会社が多数ある。

そりゃ、最低賃金やパートは上がらないね。 

しかし、上級国民さまの給料は上がります。

**************************

LA1135ラジオ基板。データシート上の1FET,2TRは実装済み。

004

 ◇通電した。

通常より余計に信号を入れて、ようやくでてきた。

005

◇IFTを合わせて、注入。

「データシート上のC1」から入れてみた。 概ね(S+N)/N=10dBとなるSSG値。

008_2

LA1135とC6間に割り込んで注入。 「ダイナミックレンジ拡張用半導体部はスルー」。

感度は優秀。 外付き回路部が作動していない可能性もでてきた。

009_2

◇今日のまとめ。

直接6番ピン(LA1135)に入れると 感度はすこぶる良い。ピンアサインがほぼイコールのLA1247は、外部回路をicに入れてリリースされたと想う。

主たる注目点であった複同調部は使わなくても聴こえる。複同調部を巧く使うには等容量2連のバリコンがMUSTになる。

外付き回路単体の作動確認、プロダクト検波は後日確認する。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34151115

SANYO のAM チューナーIC LA1135を使ったラジオ基板を通電した。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ