Powered by Six Apart

« 中小企業事業後継支援の成功例です。公開しました。。 by 長野県 。 でも今は読めません。 | メイン | SANYO LA1247基板。 »

2018年10月 6日 (土)

NE612式 AMトランスミッターで 水晶振動子(7.181MHz)を使った発振確認した。

Deeigq2vmaafanrjpg_small

 

*****************************

この記事の追記になる。

前回は LC共振(中波)にてOSCさせた。

今日は、水晶振動子でOSCさせた。  「 LC回路回路 ⇔ 水晶発振回路 」の切替はジャンパーソケットの差し換えだけだ。

◇◇

水晶振動子は手持ちの7.181MHz.

緑色のジャンパーソケットを、水晶発振側にする。

612tx06

7MHz時の 「 RFC値や NE612へのコンデンサー容量は回路図中に明示 」した。

◇◇

さて発振させてみた。

7.181MHzの数字が読み取れる。

612tx07

◇◇

真空管ラジオで確認してみた。 電波で飛んでいるのを確認できた。

612tx08

LC発振でも水晶発振でもOKのNE612回路になっている。 もともとLC発振(中波)でのAM トランスミッターとして使うことをメインに考えてある。

もちろん、アンバランス抵抗を外せば、DSB波も出せる。

Ans01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34146714

NE612式 AMトランスミッターで 水晶振動子(7.181MHz)を使った発振確認した。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ