Powered by Six Apart

« NE612式 455kHz発振器(マーカー)の発振確認した。 | メイン | FM トランスミッター基板化計画は頓挫中。 »

2018年10月26日 (金)

NE612式 455kHz発振器(初回基板で再確認) 。455.3kHz.

20482260_1826021107728244_234650112

***************************

上限はここ。 47pf+緑トリマー。

056

455.00kHzです。

057

この型式のトリマーはQが低いようだ。 60PFトリマーをつけてもOSCしないが、47PFコンデンサーだけだとOSCした。

「47PF+緑トリマー」にてOSC中。

058

受信波形。

059

***********************

作動確認できた。

通算266作目。

・56PF ⇒ 47PFで0.2kHzほど動くので1kHz動かすには60~80PFになると想う。Cを56PF固定にしても±0.5kHzには収まる。

・3端子レギュレータ出口で7.3Vまで下がっても455.0を保っていますので、+Bが9V~7.3Vであれば周波数への影響はありません。

Ans01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34149308

NE612式 455kHz発振器(初回基板で再確認) 。455.3kHz.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ