Powered by Six Apart

« 自作 50MHz AM/SSB 自励式レシーバー 基板に通電中。TDA1572 その2. | メイン | ラジオ工作。 AMレシーバーIC とプロダクト検波。 ラジオカウンター new。 »

2018年9月 4日 (火)

NE612でのオーバートーン回路。色々と判ってきた。

************************

data sheet 推奨の回路。

066_2

fig cに於いてトリマーは20pF. C2=8PF,

22PF→10PFが程よい。

プラスマイナス5Hzほどの暴れで収まってきた。

この暴れならば受信側として使えそうだ。インダクターの変化にピーキーなので、レイアウトが許すならば、オーバートーンでは外部OSCにした方がよい。50MHz帯でのオーバートーン実績が検索hitしない理由もわかってきた。プロダクト検波確認用ツールとしては これで良いだろう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34142450

NE612でのオーバートーン回路。色々と判ってきた。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ