Powered by Six Apart

« マイクーコンプレッサーの第4弾。 | メイン | SANYO LA1247 基板。 プロダクト検波デバイスにNE612。 »

2018年9月12日 (水)

LA1600,TA7613,LA1247,HA1197,  TDA1072,TDA1572などがラジオ工作向き

◇ LA1600  基板。基板ナンバーRK-12。

013_2

◇ TA7613基板。

基板ナンバーRK-17.

014_2

******************************

国内のAM チューナーで確認していくと,LA1247(下位ICはLA1245), HA1197などが家電メーカーで使われている。

HA1197は若松に50個弱残っていた。LA1245は100個程度はあるようだ。

欧州ではAMチューナーに TDA1072, TDA1572が割合に使われている。この欧州ICの優れている処は、自励で68MHz作動すること(公称は60MHz)。しかも感度が良い。TDA1072はイーエレで取り扱い中。

TDA1072の短波版としてTDA1046(上限30MHz)が市場にある。 TDA1046は高周波増幅を内蔵しておりでRF負荷はLC(外部)同調になる。高周波増幅付きICの国産品としてはLA1247があるが、内部負荷なのでSNがどうか?

◇◇自作用チューナー基板(ラジオ基板)として、

①AM検波

②プロダクト検波

③Sメーター 作動 

があれば充分に最上位になると想う。

この3点に対応した基板では、 RK-25(TDA1752. 3.5MHz~60MHz)

と 実験中のLA1247基板の2種類ある。

「関西空港がつかえないので成田・羽田税関に輸送に振り分けれ、非常に遅延している」とOCSから連絡がきている。

◇◇30MHz近傍でも感度低下が少ない国産icとしてLA1137がある。これも手元にあるので、これもそのうちに検討しよう。まあTDA1046とLA1137が次テーマだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34143507

LA1600,TA7613,LA1247,HA1197,  TDA1072,TDA1572などがラジオ工作向きを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ