Powered by Six Apart

« UHFトランジスタ。LNA. | メイン | LA1600,TA7613,LA1247,HA1197,  TDA1072,TDA1572などがラジオ工作向き »

2018年9月10日 (月)

マイクーコンプレッサーの第4弾。

**************************

JA1AYO丹羽OMが LM3080を使ってマイクコンプレッサーを作成した記事が今も公開されている。

昨年、mic-compをlm3080でオイラも実験したことがある。想定より強い制御を外部から必要としたので、そのまま保留にしてある。lm3080はUSAメーカーのコンプレッサーにも採用されていた有名な型番だが、いまは廃種のようだ。

似たデバイスで今日は絵を興した。

Miccomp

デバイス情報はハムジャーナルのno,10あるいは14辺りに載っていた記憶だ。

SSM2166,NJM2783,TA2011のmic-compに続く第4弾を検討中。

「ta2011+la3607」も興したが無線向きではないので、領布は行わない。街頭演説向きのように思う。

量産型部材の調達もできそうなので上の図面とは別に第5弾も進めている。

*******************************

 LA1600 ラジオ基板、 TA2011マイクコンプ基板などは NPOラジオ少年にデータも基板も送付済みだが半年を経ても音沙汰がない。

オイラとしては 支障なく性能確認できたらデータごと渡して次品の検討を進めたい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34143234

マイクーコンプレッサーの第4弾。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ