Powered by Six Apart

« 小型の送受信基板。 50MHz トランシーバーの試み。 真空管FM トランスミッター考。 | メイン | ダブルスーパー基板とLA1135基板 »

2018年9月29日 (土)

真空管式 AMトランスミッター 。GT管では24号機。ワイヤレスマイク回路図。

真空管のAMトランスミッターでは およそ50台ほど製作済みだ。 

トランスミッター回路図は ここに 公開済み。実装のノウハウは、 6SA7が最初に歪だすようにMIC-AMPのレベルに注意することだけだ。

**************************

スマホ入力対応の真空管式AMトランスミッター。

081

個体差があるが、6SA7には3V~5VほどのAF信号を入れる。 それ以上 信号を入れると過変調になってしまう。

トランスミッターの回路図は site 開設時から公開している。

回路図には実装時のノウハウを書き込む欄はない。

082

製作時には 入力時に6sa7段で最初に歪みだす(過変調)になるように レベル配分を留意する。

概ね570~1500kcで飛ばせる。このアンテナで3m弱 飛ぶ。

083

084

スマホからの信号を飛ばす。 「スマホ VR センター」時に、 MIC-VRは8部で ほぼ100%変調になる。

085

通算261作目。

YAHOOに出品中。

Ans01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34145786

真空管式 AMトランスミッター 。GT管では24号機。ワイヤレスマイク回路図。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ