Powered by Six Apart

« 50MHz帯でも感度がよいTDA1072を使って第2弾。 | メイン | 455kHz セラミックフィルターを使う。 CFWM455。  SANYO のLA1201. »

2018年8月11日 (土)

メーカー名不明のCFWM455。 455kHz セラミックフィルター。

******************************

「メーカー名不明のCFWM455」を粗く測ってみた。村田製作所の正規品には ロゴマーク(タンポ印刷)があるがこれは無いので、「メーカー名 不詳」になる。 帯域幅はE。

外形寸法及び脚位置は村田製作所のカタログと整合する。 ひょっとすると純正?

021_2

正規品は このような雰囲気のものがある。 小ロットだと、「樹脂モールド型の刻印コマを換えて機種対応する」が刻印部に樹脂段差がないので専用型だと想われる。 後期モデルは、製造検査装置内で検査後タンポ印刷されている。 所謂、多機種小ロット対応ライン化したことが読み取れる。

022

****

1, 中心はここらいい。 通過ピークがここになった。

023

2,10kHz低い周波数では20dBほど下がる。

024

3、20kHz離れた周波数ではこうなる。レンジを切り替えていくと50dBほど減衰していることがわかった。

特性上の跳ね返りは発見できないようだ。

025

4、中心周波数より1kHz低い周波数では、下がる。

026

しかし、ここでは持ち上がる。

027

もう1kHz下がると、減衰も増えた。

028

5、中心周波数より上側でもここで持ち上がる。

029

030

まとめ、 粗いが挙動がわかった。帯域幅はE表記でこうなった。 この2/3位の帯域幅辺りの製品が使い易いように想う。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34139535

メーカー名不明のCFWM455。 455kHz セラミックフィルター。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ