Powered by Six Apart

« 50MHz帯、オーバートーンのOSC. | メイン | メーカー名不明のCFWM455。 455kHz セラミックフィルター。 »

2018年8月 8日 (水)

50MHz帯でも感度がよいTDA1072を使って第2弾。

*********************************

「50MHz帯でも感度がよいTDA1072」を使ったラジオものの第2弾を計画中だ。

往時ではsanyoからAM レシーバーICがリリースされていたが、SPEC表を見ると20MHz近傍が作動上限なicが多い、良いものでも35MHzどまりのようだ。現時点では自励式で感度良く50MHz作動するICは、TDA1072とTDA1572の2種類だけ確認できている。あまりほめると拙いがTDA1072はLA1600と互角かそれ以上だと思う。

TDA1072はフィリップス製のAM/FM チューナー F2213に採用されているICだ。

20180807

大きさはこのくらいになると思う。

BTW

TDA1572基板の評価はDSB発生基板(50MHz対応)が済んでからになる。

************************************

少し小さくなった。 このサイズで手配する。

013

◇50MHzでのTDA1072基板。

003_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34139141

50MHz帯でも感度がよいTDA1072を使って第2弾。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ