Powered by Six Apart

« マイクコンプレッサーキット(自作派むけ)。 TA2011とNJM2783それにSSM2166。 | メイン | 12SA7 12V ワイヤレスマイク(ハイブリッド式). 続 »

2018年4月 8日 (日)

12SA7 12V ワイヤレスマイク(ハイブリッド式).

*********************

はいぶりっどワイヤレスマイクの第3弾のGT管 12SA7ワイヤレスマイク。

第1弾はミニチュア管12BE6,

009

第2弾は電池管1R5,

010

そして今回はGT管。

015

011_3

012

飛ばしてみた。 「12BE6単体 VS 12SA7単体」では12SA7の方が飛ぶ。12BE6と同じ抵抗値では発振過多だったので、随分と抵抗値を換えた。

013_2

トランジスタで7極管をドライブし12BE6ではMIC-AMPで信号3Vも掛ければ足りたが、12SA7では信号3V程度ではフルドライブ出来なかった。 プレート電圧180V時と同様に5V~6Vは信号が12SA7に入る。

トランジスタを10V作動させても出力信号3.5V程度で上も下もクリップする。

論理的にはここに明示されている。(昭和52年 刊行本)

P1010014

すでに30年前には公知されていたことだが、実際に抵抗負荷では上記式の電圧しか出力されない。

偶々、今回は12be6とは挙動が異なり、5v程度はいれてやる必要がある。

過去製作時のこれをみると6.2Vまで歪まずに出力する。

現状12Vだとフルドライブ出来ないので、何かでアシストする必要がありそうだ。 簡単なのは昇圧トランス使用だが、周波数特性で誉められるものが小型にないので、トランス案はバツだ。

、、、と実験中。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34120993

12SA7 12V ワイヤレスマイク(ハイブリッド式).を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ