Powered by Six Apart

« はいぶりっどトランスミッター製作。 電池管1R5を12Vで発振させる。その2 | メイン | 企業局では「おんぶにだっこ」らしい。 »

2018年2月14日 (水)

検波専用管6H6を使ってみよう。 短波・中波のGT管ラジオ製作.その2.

*****************************

oscは短波もokだ。

 「シャーシー vs3バンドosc基板」のC成分がいままでよりもやや大きいようで、バンド幅が取れない。中波は535~1550kHzに為ってしまったので、 金属支柱⇒樹脂支柱に変更して535~1600kHzに持ってきた。もう4mmほどシャーシーから離すとgoodぽいので、それは後でやろう。

039

C同調にしたが、今回はやや苦戦中。従来との差分は何だろう、、。と。

037

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34106944

検波専用管6H6を使ってみよう。 短波・中波のGT管ラジオ製作.その2.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ