Powered by Six Apart

« 短波での再生式半導体ラジオ(受信機)検討。マルチバンド | メイン | 東光のCFMTは「セラミックフィルター+IFT」 »

2017年9月24日 (日)

セラミックフィルターは 村田SFU455B。東光の「セラミックフィルター+IFT」

村田製作所のSFU.

P1010010

◇460kHzを入れた。

045

◇456kHzを入れた。

044

◇452kHzを入れた。

046

◇中心周波数の公差は±2kHzとデータシートに明記あり。 ずばりセンターは456.5だった。このフィルターを使ったラジオでデジタル表示させるには ー456.5しなきゃならん。 そんな端数を嫌うならば、1000個購入して選別すれば 455ズバリが確保できる可能性が高い。 

「レーザーでトリミングして樹脂パッケージしている。」と関係者から昔聞いた。

◇ これは東光の「セラミックフィルター+IFT」の優れもの。インピーダンスを片側考えなくて済むのでお薦め。市場流通している。

P1010012

東光のは、これも具合良い。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34084264

セラミックフィルターは 村田SFU455B。東光の「セラミックフィルター+IFT」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ