Powered by Six Apart

« 縦長のサプライ基板。 | メイン | 電池管3A5をリアクタンス管に使う。 »

2017年9月29日 (金)

多重帰還型ローパスフィルタ

*************************

マイクコンプレッサー基板(改)をまとめてみたが、 どうも奇怪しい。

オペアンプ部の多重帰還型ローパスフィルタの挙動が奇怪。

しかたなく

バラックにて多重帰還型ローパスフィルタの波形確認した。

062

◆30mV入力。 良好。

061

◇基板での変な波形がバラックだと再現しないので、トントンしたり部品を抜いて戻したりしたら、ようやく出た。 入力18mVでこれ。

上より弱い入力でこの状態。いちど奇怪になると、もうダメ。

たまたま「初回基板は配置もランドルートもよかった」らしい。

063

正帰還型3次ローパスに組替えてみた。 やはり歪む。 OUT 10mVで歪む。 あれ、こんなに低出力だっけ??

input 0.1vで使うゆえに、LPFをオペアンプで組むのはオイラにとって難しいことが分かった。

◇解決までに時間が掛かりそうなので、トランジスタLPFにした。 入力の半分も出てくればよいので、エミッターフォロア。

064

0.15V inでも歪まない。 実際にはVR最大で0.1v前後なので、この回路で行けるでしょう。

065

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34085310

多重帰還型ローパスフィルタを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ