Powered by Six Apart

« ラジオ工作の必需品。半田の規格。 | メイン | eagle cadで書いたよ。LA1201 SANYO. »

2017年8月26日 (土)

amワイヤレスマイク type2. 再び試作へ。

Lywn

*******************************

TRラジオ用OSCコイルでのOSCはしたが、オイラが想っていたよりOSC強度が弱い。後段がC級アンプなので、ドライブできなかった。必要なOSC強度の1/5程度だ。 回路とコイルがFITしない。

oscコイルに20pfつけてdip meterで共振点確認してもdipが浅い。40pfつけるとdipが判らない。「こんなコイルだったんだ、、。」と、手巻きの方がなんぼかマシ。真空管ラジオの短波用OSCコイルは手巻きしてきたので、巻くことは支障ないが、作業性を念頭にすると「やはり市販品で、、」と想ってしまう。

コイルにFITした回路に変えた。ごく普通のOSC回路になってしまった。パターン化しなおして再び試作。

083

MIC AMP部の定数だけは定まった。

10月までにはまとめたい。

下のようにOSCコイルに回路を合わせた。

084

********************

mic-compresseor基板はshippingになった。 9月3日頃届くだろう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34079182

amワイヤレスマイク type2. 再び試作へ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ