Powered by Six Apart

« ラジオ工作する方は極めて少数だね。 | メイン | LA1135です。AMラジオ専用ICです。 »

2017年5月17日 (水)

トーンコントロール付き真空管ラジオの製作。シャーシ加工。7球スーパー

047

******************************

先日のUZ-42ラジオにトーンコントロールを載せた。NF型の1号機になった。

audio用とradioでは、取り扱う音域が異なってくるので、radio用に仕上げてみた。

audio funのために次の一文を紹介しよう。

「従来鉄鋼に使用されている高周波焼入れは10KHZ~400KHZを使用」⇒ここ。 エネルギー源の強弱は、この式にはないようだ

電流の流れる表面の深さ(d)と周波数 (f)との間には、次のような関係式があります

高周波(誘導加熱)の持つエネルギーに対して少し知識が深まったところで、製作に入ろう。

GT管ラジオにもNF型T・Cを載せてみよう。ラジオにトーンコントロールを載せた作例が少ないようなので、少し実験的要素も要れてNF型T・C2号機に取り掛かる。

048

バス/トレブルはB500KΩ. マジックアイは入手し易い6E2.(すでに6BR5は国内SHOPにない)

049

non-pic式表示器にしようと想う。

lc7265.pdfをダウンロード

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34061213

トーンコントロール付き真空管ラジオの製作。シャーシ加工。7球スーパーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ