Powered by Six Apart

« デジタル表示形真空管再生式ラジオ。  Genny unit 02. | メイン | デジタル表示形真空管再生式ラジオ。 バリコン。 Genny unit 02. »

2017年2月 4日 (土)

デジタル表示形真空管再生式ラジオ。 グリッド・リーク。 Genny unit 02.

1c173f85a4e98d9e8c792bc7d738609d

***********************************

お馬鹿ゆえに忘れぬうちにUPしておく。

 

003

すこし違っているが、とりあえずあげておく。

グリッド側のCR値は、NHKのラジオ教科書に算定があるのでそれを参照のこと。古書を読破し知識を深めることをお薦めする。

これは、Genny unit 01の回路でもある。

「ガツンと来ない再生」は実際ではかなり難しい。6D6の個体差も要因のひとつである。10本程度載せ換えて、bestなものを選ぶ。 再生用タップ点にも依存していることは古書にもある。回路図には載らない情報ではある。(回路図は結線情報ゆえに実装情報は反映されにくい)

下図は昭和25年のo-v-1図だ。

065

「タップドコイル」よりも「再生用コイル」を巻いたほうが調整は楽である。往時から「タップドコイル」が販売されていたが、スームズな再生にするには結合具合を調整できる「再生用コイル式」がかなり優位になる。

060

上写真は2016年6月製作記事中のgenny unit 01である。 「ノウハウは写真参照」と明記したが、みなさん気つきましたよね。

「文中参照」

①インダクタンスは2mHでも10mHでもOKだが、共振点が530~1600KCの範囲内にあること。 実装時の浮動容量が加味されるので、部品単体で1000~1200KCになるのが使い良い。

 算数的には抵抗負荷でも換わりにはなるように思えるが、巻き線ものはQが付きまとうので、それを理解しているならば抵抗負荷には出来ない。

②段間トランスでは、オイラはNPOラジオ少年のを使っている。サトー電気にもラインナップがある。可聴周波数での特性を決めうる部品なので、なるべくフラットな特性が好ましい。

③SG電圧は 再生コイル具合に依存する。 再生コイル巻数が多いと8Vでも再生モードに入れる。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/34034686

デジタル表示形真空管再生式ラジオ。 グリッド・リーク。 Genny unit 02.を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ