Powered by Six Apart

« UZ-42でラジオ製作。その3. 通電して調整。  短波ラジオ(ST管) | メイン | 6U8 »

2016年5月 8日 (日)

TRIO FMチューナー FM-102 通電してみたが、、

パナマ文書で、ハーバード大学に留学したお方と卒業したお方のお名前が日本国内でも記事になっていますね。

「タックスヘイブンに資金を動かすということは脱税かマネーロンダリング目的、それ以外にタックスヘイブンに会社を作る理由がない」ということで、脱税確定ですね。

脱税者を日本の行政はどう扱うのか?

①見逃す   ②お縄

どちらでしょうか?

******************************

FUSEを追加したままであったFMチューナー FM-102を通電した。

感度が足らない。

031_2

IFTはペイントロックされているので、 壊さぬように慎重にペイントロックを外す。

1st IFTの2次側を1/2回転ほどコアを抜いた。感度がでてきた。
しかしまだ30dBほど不足。

032_2

DET IFTの挙動が他機種IFTの正常状態と異なる。周辺部品がNGかも知れん。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33820707

TRIO FMチューナー FM-102 通電してみたが、、を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ