Powered by Six Apart

« ST管ラジオの電源トランスは、阪急電機製作所。 その5 ローランド電機 | メイン | TRIO FMチューナー FM-102 »

2016年5月22日 (日)

自作 中波帯 GT管式AMワイヤレスマイク  9号機

B603jlocuaasl3z

中学生でも 上の表を読めるだろうな。

**********************************

ローランド電機のラジオ修理はもう少し掛かる。

メタル管のせた。

095

6sq7+6sa7の構成。

096

570~1500kHz。

雑誌等には記載がないが、メタル管はガラス管よりOSCが強い。 ゆえに軽い動作になるようにすることが重要。

OSCコイルのグランド側は、6SA7の接地側ヒーターピンにまで直接配線するとOSCが強めになる。これも雑誌等には記載はないようだ。

以上2点 ノウハウ。

***********************

第185作目。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33833313

自作 中波帯 GT管式AMワイヤレスマイク  9号機を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ