Powered by Six Apart

« toyota | メイン | バリコンのガリガリ君 »

2016年4月 6日 (水)

BC帯OSCコイル と 短波帯OSCコイル

*****************************

1個バリコンがガリガリ君で治そうとしていたが,諦めた。その分遅れた。

008

009

BC帯のOSCコイルは載せた。

010

通電した。

SPから音が聴こえる。いつものラジオノイズ音。

調整する前に、各処の電圧を測っておく。 これ結構重要。

このタイプのトランスは初めて触る。

+Bはアナログテスター読みで210V。(デジタルテスタでは240V)

6WC5のSG電圧は今は80V丁度。

2nd IF UZ-6D6のSG電圧は12V(デジタルテスタ)。

6Z-P1のSG電圧は200V(デジタルテスタ)

6D6はSG12Vでも動作する。通常は30V~60Vにして鳴らしている。

この6D6は元気ない球かもしれんな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33790233

BC帯OSCコイル と 短波帯OSCコイルを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ