Powered by Six Apart

« 電池管ラジオ プリント基板 | メイン | TRIO   短波コイル »

2016年2月 4日 (木)

メンテナンス RE-830 松下 3バンドラジオ 真空管 VR周辺

「マイナス金利」政策も48時間は頑張れましたね。 単純に市場を混乱させて信用が無くなっただけで、本日も株価は下がるらしい。

銀行はatm手数料を上げて対抗してくるので、「平民は以前よりゼニを取られる政策だ」と話題中。

消費心理が冷えて凍っているのを天候のせいにしている国は、地上にほとんどない。悪いのは「△△ニダ」とはよく聴きますね。

*******************************

RE-830の続きです。

003

トランスレスラジオで使う12AV6は、古書にあるようにハム音が少ない側を接地する。(家電メーカーによっては逆になっているラジオがある)

004

①電源トランス搭載ラジオでは差が判り難いが、VRの接地点は12AV6(6AV6)まで連れていく方が良い。トランスレスラジオではVTVMで判るほどブーン音の下がることが多い。

②12AV6の抵抗負荷は写真参照。この位の値だとブーン音が小さくて良い。

008

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33730299

メンテナンス RE-830 松下 3バンドラジオ 真空管 VR周辺を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ