Powered by Six Apart

« 6AG7 3/67 | メイン | GT管2バンドラジオのIFTをC同調に換装。 6H6 »

2016年2月20日 (土)

IFTはNEW FUJI。 銘板はSANWA のST管ハンドメイドラジオ。

拾った。

>あくまでも敗戦を認めず、負けていても「勝った、勝った」と自画自賛。

>70年前の軍人と同じ。アベシンゾー1人のために、70年ぶりの敗戦ですw

50461095

Elaiza_ikedamain

Bc7e9d7b80021471dbddebda585a3b5b

***************************************

銘板は、sanwa。

ST管スーパーです。キャビネットに好みのIFT,コイルを載せた往時のハンドメイドラジオ。

095

IFTはnew fuji.

性能はかなり良い。中々遭遇はしないnew fuji.

ant coilは STARが付いていた。

「STARのコイル+new fujiのIFT」と渋い構成。 STARのIFTを使わなかったのは性能重視の現れだろう。

096

汚れ落しした。 IFは2段化するのでシールド被せた。

097

この配置間寸法だと おそらく new fujiは帰還発振する。(それほど性能がgood)。

松下かtrioのIFTで鳴らすのが良さそう。 載せるIFTを思案中。手持ちのtrioの広帯域IFTは、伝達ロスが大きくてIFT2次側に程よい強さで渡してくれそうだ。

star と new fujiでの選択を問われたら、オイラはnew fuji。

IFTについては 「ポータブル・ラジオのページ」さんに多くの情報がUPされています。読むことをお薦めします。 web master殿 多謝。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33746017

IFTはNEW FUJI。 銘板はSANWA のST管ハンドメイドラジオ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ