Powered by Six Apart

« XYステージとサーボモーター 業界標準  リニアステージ | メイン | 圧力勾配  そして真空度 勾配 »

2016年1月24日 (日)

真空管ラジオ ST管5球スーパー 6号機  ant coil s-300

気圧の変化が大きくて頭痛の一日だ。

思考がまとまらない。困った。

071

20050515152256

**************************

C同調の真空管ラジオを ST管で造っている最中。

OSCコイルは ラジオ少年のOSC-220。(祐徳電子も扱っている)

ANT コイルは S-300にしてみた。⇒5号機に仮つけしたが,う~んラジオ局が聴こえないので本機でしっかりと確認してみる。(従来は感度良いバーアンテナタイプで製作してきた)

073

072

トランスの+Bが高いので、下げるのにやや苦労する。

オイラのラジオ工作は

ミニチュア管⇒GT管⇒ST管と進んできたので、6BE6の動作電圧を基本に製作することが多い。

IFTは性能のSTAR製C同調タイプ。 

IF2段ST管ラジオの1号機か2号機でC同調でTRYしたが巧く往かず。

先日のライジンのC同調IFTでは巧く鳴った。

C同調は穴面積が大きいので結構漏れてくる。また6D6のg1線も長いのでそれからの放射量もある。

074

075

黒BODYのは塗装1号機。 もちろんGT管、検波は6H6。

************************

ラジオマイクのキット要望が想いの他多く寄せられたのでYAHOOに主要部品一式で出した

076

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33721719

真空管ラジオ ST管5球スーパー 6号機  ant coil s-300を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ