ラジオ系情報

Powered by Six Apart

« 日立の真空管ラジオ  3バンド | メイン | 自作 中波帯 ST管式AMワイヤレスマイク 4号機  通電した。余計な発振もした。 »

2015年12月11日 (金)

自作 中波帯 ST管式AMワイヤレスマイク 4号機  

まあ今日は、マウスのクリック音が五月蝿いとパワハラを受けた。

「マウスを握りしめて居眠りする上司」から、ウルサイと言われたぜ。そりゃ、寝るにはウルサイな。

夏には毎日、仕事中に居眠りするくせに、、、。

居眠りするのに大幹部になれる「良い会社」。

********************************

AM変調のラジオマイクも通算で19号機です。

オイラは不器用だから数量で経験を上げていく。 それだけのこと。

先日の手の平サイズ「ラジオマイク」は実装が苦労な割には、関心を持たれた方が少なかった模様。7極真空管式のトランスミッターは、飛ぶといえば飛ぶが、電波の飛びはアンテナ次第。 飛びすぎには注意。

ST管は、ハズレの球もあるので、やはり注意。

6WC5には信号で5Vも掛ければ足りるので、信号源を△△倍にすれば良い。LINE INを0.1Vと仮定して50倍(34dB)も増幅するmike_ampにすればよい。

少しマージンを見ても40dBでOK。

6Z-DH3Aだと30dB前後取れるので、前回はマジックアイの6E5も載せた。加えて小さいシャーシに載せてみた。

本機はS-8ケースにした。 3球式。 回路は普通。実装も普通。部品も普通。

053

054

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33678401

自作 中波帯 ST管式AMワイヤレスマイク 4号機  を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ