Powered by Six Apart

« GT管でラジオマイクをつくろう。BC帯の3球式トランスミッター。 その1 | メイン | タイトルは「おんな城主 直虎」 »

2015年12月15日 (火)

GT管でラジオマイクをつくろう。BC帯の3球式トランスミッター。 その2 飛んだ。

ARDF  PJ-80のキットが買える。

ARDF本家のサイトでも変わらずに上がっている。

ラジオ工作派の方々は手に入れるチャンスですね。

PJ-80を7Mhzや14Mhzにコンバートして遊んでみてください。

*******************************

さて、続きです。

6C5が動作しなかったラジオマイク。

球がNGかとと差し換えたり、ソケットの接触がNGかと換装した。

6SQ7⇒6C5へのコンデンサーを外すと6C5に電流がながれた。

テスターで測ってもコンデンサー端には電圧が発生している気配はないが、テスターごときでは測れない世界の不良のようだ。

★6SA7を刺さずに、mike_amp部をオシロで確認。

ゲインは38dBほど。6C5には0.9mA.バイアスは4Vほど。

086

087

アンテナ無しで2.5m飛んだ。

088

6sq7⇒6c5⇒6sa7の構成。

089

***********************

第159作。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/549708/33683367

GT管でラジオマイクをつくろう。BC帯の3球式トランスミッター。 その2 飛んだ。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ウェブページ

カテゴリ